10年以上、溶けないナンピンEAを

 

ナンピンはどれだけ相場が逆行しても、やがて相場が戻れば利確できます。
相場変動が許容範囲以内であれば、利益を出しやすい手法です。

しかし、ナンピンの一番大切な部分は、安全性です。

 

損切りをしたくないためにナンピンを重ねたものの、

資金が尽きて溶かしてしまった。。。

あなたも、そんな経験をお持ちではないでしょうか?

 

安全なナンピンEAを使いたい。
しかし、世の中にナンピンEAは数あれど、

完全な形で10年以上のバックテストを付けたものは、ごく一部だけです。

 

そこで、10年以上のバックテストで大きなドローダウンがないナンピンEAを作ろう!
と思い、本EAを作成いたしました。

 

 

 

本EAの特徴

 

通貨ペア:ドル円推奨、他通貨ペアも利用可能
時間足:1分足

 

大きな時間足でトレンドの方向性を判断し、1分足の押し目、戻りでエントリーします。
MT4に標準装備されているインジケーターを使用したシンプルなロジックです。
主流の順張りトレードで、過度な最適化を行っておりません。

 

多項式関数式による可変ナンピン幅の導入

溶けないナンピンEAにするには、ナンピン回数を制限するのが効果的です。

しかし、ナンピン回数を制限することで、それを上回る相場変動時には

塩漬けにするほかありません。

そこで、本EAではナンピン幅を計算するプログラムに、多項式関数式を導入しました。

それにより、ナンピン回数が増えていくにつれ、ナンピン幅が大きくなります。

そのため、リスク低減のためにナンピン回数を制限しても、

1000pips以上の大きな相場変動にも対応できるツールになりました。

 

ナンピン回数が増えるにつれ、ナンピンの幅が広がっていきます。

 

単一ポジション時とナンピン時のTP切り替え

最初のエントリーを行い、1ポジションの間はTPを上げて利益を伸ばします。
そして、ナンピンが始まったら、TPを下げて早めの利確を目指します。

 

ポジション運用時のリスク管理

リスク管理機能として、含み損が証拠金の指定の割合になったら

自動で損切りを行う機能を付けております。
マジックナンバーで、ポジションの含み損をチェックし、

口座全体から指定の割合まで含み損が達した時に損切りを行います。

 

 

パラメータの設定

 

 

MAGIC1:マジックナンバーを指定します。1以上の任意の数字を設定してください。

 
Lots:取引時のロットを指定します。
 
Slippage:スリッページ
 
TP:単一ポジション時のテイクプロフィット
 
NanpinTP:ナンピン時のテイクプロフィット
 
NanpinSL:ナンピンポジション合計のストップロス
 
risk:自動損切り設定。証拠金に対する含み損の割合を指定します。
   例えば、0.3なら、含み損が証拠金の3割を超えたら損切りします。
 
NanpinCount:ナンピン回数。デフォルトの場合は7なので、最大8ポジション。
 
NanpinEntryPips:1回目のナンピン時のナンピン幅。