SNSニュース 【保存版】 #ハッシュタグキャンペーン を成功に導く10のアイディア

【保存版】 #ハッシュタグキャンペーン を成功に導く10のアイディア

SNSのマーケティング活用において重要施策であるハッシュタグキャンペーンを成功させるために…10のアイディアをご紹介します!

 

【保存版】 #ハッシュタグキャンペーン を成功に導く10のアイディア

Smart hashtag on mobile tablet with many light bulbs

 

こんにちは、アライドアーキテクツの金濱です。

これまで3回に渡って、ハッシュタグマーケティングに関するノウハウを発信してきました。
今回は、より実践でご活用いただける「ハッシュタグキャンペーンを成功に導くアイディア」についてご紹介したいと思います。
ぜひキャンペーン企画時にご参考ください!

 

 

ハッシュタグ設計編

 

1. ハッシュタグはキャンペーンオリジナルのものに

応募者へのプレゼントを用意している場合、キャンペーン専用ハッシュタグを投稿している人の中から当選者を選定しDM(ダイレクトメッセージ)で連絡をします。
ハッシュタグをキャンペーン固有のものにしていないとキャンペーンに参加した意識のないユーザーに連絡をしてしまう可能性も高くなるため、できるかぎりオリジナルの言葉に設定しましょう。

 

2. ハッシュタグはユーザーが投稿したくなるコピーに

ハッシュタグキャンペーンでは、自分のSNSアカウントへの投稿が参加の必須条件となっている点が一般的なWEBの応募型キャンペーンと大きく違う点です。

そのためブランドが一方的に広めたいメッセージをハッシュタグにしても、ユーザーに投稿したくないと思われてしまったら元も子もありません。
投稿を促すために応募者プレゼントの設計は重要ですが、プレゼントのみをインセンティブにして投稿を促すのではなくSNSユーザーや自社のファンが「自分ごと」として投稿したくなるようなコピーや企画にすることが大事です。

 

 

 

キャンペーン告知編

3. 商品購入者やイベント参加者に告知をする

Twitterでは「大喜利」などのようにアイディア投稿系の企画が成り立つのに対してInstagramでは写真または動画の投稿が必須になるため、参加者が何かしらの「体験」をしている必要があります。

商品同封するチラシやイベント会場内のポスターなどでキャンペーンを告知し、「体験」をしたユーザーがキャンペーンに参加できるような導線を作りましょう。

 

4. 商品の写真投稿が必須の場合は事前サンプリングと組み合わせる

商品の投稿が必須の場合でも、すでに店頭に並んでいる商品の場合はパッケージの制約により購入者に告知をすることが難しいことがあると思います。そのような場合は、事前にサンプリングを実施してキャンペーン初期の盛り上がりを演出しましょう。

商品サンプリングしたユーザーの投稿文言を企業側が指定するとそれを見る一般のSNSユーザーに不快感を与える原因にもなりますので、なるべく自分の言葉で投稿してもらうようにすることがポイントです。質の高い投稿を集めるためにはハッシュタグコピーや企画の設計などを工夫するのがよいですね。

 

5. ハッシュタグはあらゆるところで告知する

ハッシュタグをOOHで告知している例

ハッシュタグキャンペーンを盛り上げるためには、ハッシュタグ自体の認知を高めるプロモーションも有効です。
ハッシュタグの認知を高めるとブランドに関してそのハッシュタグで検索してくれるユーザーが増え、ハッシュタグがクチコミの集積場所として機能するようになります。

最近は検索エンジンではなくSNSで商品情報を検索するユーザーも増えているため、ハッシュタグの認知が高まるとそのハッシュタグでのクチコミ検索も活発になるでしょう。

オウンドメディア、自社のSNSアカウント、メルマガ、店頭など使える媒体ですべて使ってハッシュタグを浸透させましょう。

 

 

 

 

 

 

さらにキャンペーンを盛り上げるための裏技アイディア編

 

6. プロダクトにハッシュタグを統合する

最近では、商品そのものにハッシュタグが付いている例も増えてきました。

たとえば、海外のキットカットには「#mybreak」というハッシュタグが刻印されています。
これなら、わざわざ「SNSに投稿しよう!」や「プレゼントがあたる」と書かれていなくても自然にSNSに投稿したくなる心理になりませんか?
 

 

他にも曲のタイトルをハッシュタグ化している例もあります。
The Chainsmokersというグループの#SELFIE という曲はYouTubeからTwitterへシェアされたときに自動でハッシュタグ化されるタイトルになっています。

 

The Chainsmokersというグループの#SELFIE という曲はYouTubeからTwitterへシェアされたときに自動でハッシュタグ化されるタイトルになっています

 

ブログやWEBサービスなどTwitter上でシェアしてもらいたいコンテンツは、キーワードを「ハッシュタグ化」してしまうことで興味関心の近いユーザーにリーチさせてみるのもよいアイディアでしょう。

この記事のタイトルも実験的に「ハッシュタグ化」し、Twitterでシェアされたときに他のユーザーのシェアと繋がるような仕組みにしてみました。

 

7. インフルエンサーを活用する

InstagrammerやYouTuberなどのインフルエンサーを巻き込むことも、盛り上がるキャンペーンのポイントです。

Instagramらしい写真がインスタジェニックと呼ばれているように、SNSにはそれぞれで受け入れられるトンマナや世界観があります。インフルエンサーはプラットフォームの特性を活かしたコンテンツを作成することに長けているため、SNS上でブランドイメージを上手に伝えてくれることでしょう。自分に似ている人や憧れている人から受ける情報は高い信頼性をもって受け入れられますので、インフルエンサーの活用はSNSマーケティングにおいて有効な施策といえます。

 

8. 関連ハッシュタグを付けてもらう

キャンペーン専用のハッシュタグとは別に、ブランドに関連するハッシュタグをいくつかおすすめして投稿のリーチを増やしましょう。

たとえば、ある炭酸飲料の投稿キャンペーンであれば、「#爽快」といったブランドイメージに関する一般名刺や「#炭酸」という商品カテゴリに関するハッシュタグを付けてもらうなどが考えられます。

海で撮影した写真には「#海」、街で撮影した写真には「#街」を付けてもらい、最後に「#海」賞、「#街」賞を決めるなど企画と連動したサブハッシュタグを付けてもらうと盛り上がるかもしれません。

 

ブランド名「#シェラトン舞浜」に加え、「#ウェディング」も投稿してらもうことで、 キャンペーン参加者の投稿がウェディングに興味関心があるユーザーにInstagram上でリーチ

ブランド名「#シェラトン舞浜」に加え、「#ウェディング」も投稿してらもうことで、
キャンペーン参加者の投稿がウェディングに興味関心があるユーザーにInstagram上でリーチ

 

9. 投稿写真の凡例をつける

ヘアレシピInstaキャンペーンの投稿例

どんな写真をすればよいのか分からず投稿前に離脱されては困りますが、そんなときに有効なのが凡例です。

たとえば、ヘアレシピというシャンプーブランドはインフルエンサーの方の投稿をおTIPSとして紹介することで、参加者がおしゃれな写真を取ることをブランド側が支援しています。

どんな写真がおしゃれなのか、どんな投稿にいいねが集まるのかユーザーに教えることで投稿へのハードルをさげている秀逸な企画例です。

 

 

 

 

 

 

 

10. 当選人数は少なめに

当選者への連絡はDMで行うため、当選人数が多いとその分コミュニケーションが大変になります。
前述の通りプレゼントの数や豪華さではなくブランドを自分ごと化して発信してもらうことをユーザーの投稿モチベーションにし、当選人数は10名程度にするのがよいでしょう。

 

 

以上、ハッシュタグキャンペーン設計のポイントを10個紹介いたしました。
ブランドがユーザーを巻き込む施策として有効なハッシュタグキャンペーン。
SNSを使ったプロモーション施策として、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 


SNSプロモーションを成功に導く
効果的なハッシュタグ活用をご提案します!
ぜひ一度お問い合わせ下さい。
http://www.aainc.co.jp/outline/


 

■関連記事

・ハッシュタグを活用したキャンペーンを実施する4つのメリット
【成功するSNSマーケティングのハッシュタグ活用術】
http://smmlab.jp/?p=42046

・Instagramでハッシュタグを活用する4つのメリット
【成功するSNSマーケティングのハッシュタグ活用術】
http://smmlab.jp/?p=42020

・これからはハッシュタグがSNS施策の成否を分ける?!
今知っておきたい主要SNSでのハッシュタグ活用のポイント
http://smmlab.jp/?p=41977

・スマホ時代の情報検索はハッシュタグが起点?!
若年層女性の約半数が「気になる情報」をハッシュタグで検索している!
〜女性SNSユーザーのハッシュタグ利用実態調査〜
http://smmlab.jp/?p=38032

 記事引用元
【保存版】 #ハッシュタグキャンペーン を成功に導く10のアイディア

 


日記

SNSニュース 【基本まとめ】LINEが運用型広告を開始!「LINE Ad Platform」の広告種類やターゲティングメニューをまとめてご紹介します!

【基本まとめ】LINEが運用型広告を開始!「LINE Ad Platform」の広告種類やターゲティングメニューをまとめてご紹介します!

今や日本のコミュニケーションインフラとなったメッセージアプリ「LINE」。その国内6,800万人のデータを活用して、広告コストの最適化を図ることができる運用型広告サービス「LINE Ad Platform」の提供がスタートしました!

 

LINEが運用型広告を開始!「LINE Ad Platform」の広告種類やターゲティングメニューをまとめてご紹介します!

 

2016年6月23日にサービス開始から5年を迎えるLINEは、今や国内利用者数6,800万人以上、日本の人口の53.6%をカバーし、DAU(1日に1回以上利用したユーザー)が7割を超える、「生活インフラ」的メディアとなりました。(データは2016年1月28日現在)

スマートフォン上の一大メディアとなった「LINE」のタイムラインを掲載面として、詳細な属性・興味関心分野に基づき最適化された運用型広告の提供は、3月24日に開催された事業戦略発表会「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」で発表され、大変話題となりましたが、いよいよ今日、2016年6月1日から実際のサービス提供がスタートしました。

そこで今回は、この運用型広告サービス「LINE Ad Platform」の広告種類や、ターゲティングメニューをまとめてご紹介します。

 

 

1. 「LINE Ad Platform」概要

LINEユーザーに対し、外部送客、ダイレクトレスポンス、アプリDL促進の用途で広告掲載を行うことが出来ます。

 

■広告配信先

1) LINE上のタイムライン

タイムラインはLINEユーザーのほぼ6割以上に利用されており、その50%超が企業からの投稿を閲覧したことがあるといいます。(2016年1月マクロミル社調査による)

LINEタイムラインの利用状況

引用元:「LINE_AD_Platform_機能説明資料_v1」

 

2)ニュースアプリ「LINE NEWS」のトップページや記事一覧ページ

7月以降、LINE NEWSやキュレーションメディア「NAVERまとめ」のLINE公式アカウントが配信しているメッセージ中の記事一覧にも広告掲載が可能になります。
さらに、今後LINEアプリ内「その他」タブや「LINE GAME」などLINEおよびLINE周辺サービスにも配信枠を順次拡大していく予定です。

 

3)ネイティブ広告ネットワーク

今年1月に連結子会社化したネット広告配信事業社「M.T. Burn」の持つ、ネイティブ広告ネットワーク「Hike Network」を利用して、1000超の外部メディアにも広告を配信することが出来ます。

 

■掲載フォーマット

掲載フォーマットはWEB AD/APP AD/VIDEO ADの3種類で、WEBは7種類、APPは11種類のCTAが選択できます。
※ただし、動画については、LINEのタイムラインのみが配信対象です。

 

LINE広告の種類

LINE広告のCTA

 

 

■広告枠の基本構成

LINE広告枠の基本構成

 

 

2. ターゲティングの手法

 

「LINE Ad Platform」で上記1)や2)といったLINEの運営する媒体を配信先にする場合は、LINEのデータを活用してターゲティングすることが出来ます。

LINE広告のターゲティング手法

※「LINE_AD_Platform_機能説明資料_v1」から作成

 

「LINE NEWS」「LINE MUSIC」「LINEマンガ」などのLINE関連サービス利用履歴によるコンテンツとの距離感や、企業ブランドやセレブリティなどの公式アカウント登録情報によるブランドとの距離感、スタンプの購買情報による感情の強度などを参考に、自動的に推計したユーザー属性、および興味・関心分野に基づき、対象者を絞って広告を配信することができます。

ただし、電話番号、メールアドレス、アドレス帳、トーク等といった個人情報は含まず、属性情報の推定は統計的に実施され、特定の個人が識別されるようなことはありません。また特定の個人を識別可能な情報を第三者(広告主等)へは提供しないということです。

 

■ターゲティング項目詳細

LINE広告ターゲティング可能項目リスト

引用:「LINE_AD_Platform_機能説明資料_v1」

 

 

スマートフォンという、今や日常生活に不可欠となったデバイス上で、国内6,800万人という圧倒的なユーザー数を誇るLINEが持つ膨大なデータを活用出来る「LINE Ad Platform」は、企業のSNS広告活用が一気に拡大する起爆剤になるかもしれません。

SNS広告はサービス開始直後導入の先行者利益が非常に大きいので、まずは一度試してみることをオススメします。

 

 


アライドアーキテクツでは、「LINE Ad Platform」の運用支援サービスを開始しました!LINE単独はもちろんのこと、SNS支援専業だからこそ出来る、Facebook、Instagram、Twitterとの効果的な複合配信もご提案します。ぜひ一度ご相談下さい。
https://www.aainc.co.jp/service/ad/


 

■関連記事

・ついにInstagram広告が日本企業に全面解禁!
知っておきたい広告タイプまとめ
http://smmlab.jp/?p=41033

・【企業のLINE活用8つのポイントと参考事例】Facebookとはどう違う?LINEを活用する際の基本事項
http://smmlab.jp/?p=29581

・YouTuber制作動画を活用したFacebook広告で広告KPIが大幅改善!
〜担当者に聞くソーシャルゲーム動画広告プロモーション成功のポイント〜
【企業担当者に聞くSMM最前線】
http://smmlab.jp/?p=41882

 記事引用元
【基本まとめ】LINEが運用型広告を開始!「LINE Ad Platform」の広告種類やターゲティングメニューをまとめてご紹介します!

 


日記

SNSニュース 【保存版】 #ハッシュタグキャンペーン を成功に導く10のアイディア

【保存版】 #ハッシュタグキャンペーン を成功に導く10のアイディア

SNSのマーケティング活用において重要施策であるハッシュタグキャンペーンを成功させるために…10のアイディアをご紹介します!

 

【保存版】 #ハッシュタグキャンペーン を成功に導く10のアイディア

Smart hashtag on mobile tablet with many light bulbs

 

こんにちは、アライドアーキテクツの金濱です。

これまで3回に渡って、ハッシュタグマーケティングに関するノウハウを発信してきました。
今回は、より実践でご活用いただける「ハッシュタグキャンペーンを成功に導くアイディア」についてご紹介したいと思います。
ぜひキャンペーン企画時にご参考ください!

 

 

ハッシュタグ設計編

 

1. ハッシュタグはキャンペーンオリジナルのものに

応募者へのプレゼントを用意している場合、キャンペーン専用ハッシュタグを投稿している人の中から当選者を選定しDM(ダイレクトメッセージ)で連絡をします。
ハッシュタグをキャンペーン固有のものにしていないとキャンペーンに参加した意識のないユーザーに連絡をしてしまう可能性も高くなるため、できるかぎりオリジナルの言葉に設定しましょう。

 

2. ハッシュタグはユーザーが投稿したくなるコピーに

ハッシュタグキャンペーンでは、自分のSNSアカウントへの投稿が参加の必須条件となっている点が一般的なWEBの応募型キャンペーンと大きく違う点です。

そのためブランドが一方的に広めたいメッセージをハッシュタグにしても、ユーザーに投稿したくないと思われてしまったら元も子もありません。
投稿を促すために応募者プレゼントの設計は重要ですが、プレゼントのみをインセンティブにして投稿を促すのではなくSNSユーザーや自社のファンが「自分ごと」として投稿したくなるようなコピーや企画にすることが大事です。

 

 

 

キャンペーン告知編

3. 商品購入者やイベント参加者に告知をする

Twitterでは「大喜利」などのようにアイディア投稿系の企画が成り立つのに対してInstagramでは写真または動画の投稿が必須になるため、参加者が何かしらの「体験」をしている必要があります。

商品同封するチラシやイベント会場内のポスターなどでキャンペーンを告知し、「体験」をしたユーザーがキャンペーンに参加できるような導線を作りましょう。

 

4. 商品の写真投稿が必須の場合は事前サンプリングと組み合わせる

商品の投稿が必須の場合でも、すでに店頭に並んでいる商品の場合はパッケージの制約により購入者に告知をすることが難しいことがあると思います。そのような場合は、事前にサンプリングを実施してキャンペーン初期の盛り上がりを演出しましょう。

商品サンプリングしたユーザーの投稿文言を企業側が指定するとそれを見る一般のSNSユーザーに不快感を与える原因にもなりますので、なるべく自分の言葉で投稿してもらうようにすることがポイントです。質の高い投稿を集めるためにはハッシュタグコピーや企画の設計などを工夫するのがよいですね。

 

5. ハッシュタグはあらゆるところで告知する

ハッシュタグをOOHで告知している例

ハッシュタグキャンペーンを盛り上げるためには、ハッシュタグ自体の認知を高めるプロモーションも有効です。
ハッシュタグの認知を高めるとブランドに関してそのハッシュタグで検索してくれるユーザーが増え、ハッシュタグがクチコミの集積場所として機能するようになります。

最近は検索エンジンではなくSNSで商品情報を検索するユーザーも増えているため、ハッシュタグの認知が高まるとそのハッシュタグでのクチコミ検索も活発になるでしょう。

オウンドメディア、自社のSNSアカウント、メルマガ、店頭など使える媒体ですべて使ってハッシュタグを浸透させましょう。

 

 

 

 

 

 

さらにキャンペーンを盛り上げるための裏技アイディア編

 

6. プロダクトにハッシュタグを統合する

最近では、商品そのものにハッシュタグが付いている例も増えてきました。

たとえば、海外のキットカットには「#mybreak」というハッシュタグが刻印されています。
これなら、わざわざ「SNSに投稿しよう!」や「プレゼントがあたる」と書かれていなくても自然にSNSに投稿したくなる心理になりませんか?
 

 

他にも曲のタイトルをハッシュタグ化している例もあります。
The Chainsmokersというグループの#SELFIE という曲はYouTubeからTwitterへシェアされたときに自動でハッシュタグ化されるタイトルになっています。

 

The Chainsmokersというグループの#SELFIE という曲はYouTubeからTwitterへシェアされたときに自動でハッシュタグ化されるタイトルになっています

 

ブログやWEBサービスなどTwitter上でシェアしてもらいたいコンテンツは、キーワードを「ハッシュタグ化」してしまうことで興味関心の近いユーザーにリーチさせてみるのもよいアイディアでしょう。

この記事のタイトルも実験的に「ハッシュタグ化」し、Twitterでシェアされたときに他のユーザーのシェアと繋がるような仕組みにしてみました。

 

7. インフルエンサーを活用する

InstagrammerやYouTuberなどのインフルエンサーを巻き込むことも、盛り上がるキャンペーンのポイントです。

Instagramらしい写真がインスタジェニックと呼ばれているように、SNSにはそれぞれで受け入れられるトンマナや世界観があります。インフルエンサーはプラットフォームの特性を活かしたコンテンツを作成することに長けているため、SNS上でブランドイメージを上手に伝えてくれることでしょう。自分に似ている人や憧れている人から受ける情報は高い信頼性をもって受け入れられますので、インフルエンサーの活用はSNSマーケティングにおいて有効な施策といえます。

 

8. 関連ハッシュタグを付けてもらう

キャンペーン専用のハッシュタグとは別に、ブランドに関連するハッシュタグをいくつかおすすめして投稿のリーチを増やしましょう。

たとえば、ある炭酸飲料の投稿キャンペーンであれば、「#爽快」といったブランドイメージに関する一般名刺や「#炭酸」という商品カテゴリに関するハッシュタグを付けてもらうなどが考えられます。

海で撮影した写真には「#海」、街で撮影した写真には「#街」を付けてもらい、最後に「#海」賞、「#街」賞を決めるなど企画と連動したサブハッシュタグを付けてもらうと盛り上がるかもしれません。

 

ブランド名「#シェラトン舞浜」に加え、「#ウェディング」も投稿してらもうことで、 キャンペーン参加者の投稿がウェディングに興味関心があるユーザーにInstagram上でリーチ

ブランド名「#シェラトン舞浜」に加え、「#ウェディング」も投稿してらもうことで、
キャンペーン参加者の投稿がウェディングに興味関心があるユーザーにInstagram上でリーチ

 

9. 投稿写真の凡例をつける

ヘアレシピInstaキャンペーンの投稿例

どんな写真をすればよいのか分からず投稿前に離脱されては困りますが、そんなときに有効なのが凡例です。

たとえば、ヘアレシピというシャンプーブランドはインフルエンサーの方の投稿をおTIPSとして紹介することで、参加者がおしゃれな写真を取ることをブランド側が支援しています。

どんな写真がおしゃれなのか、どんな投稿にいいねが集まるのかユーザーに教えることで投稿へのハードルをさげている秀逸な企画例です。

 

 

 

 

 

 

 

10. 当選人数は少なめに

当選者への連絡はDMで行うため、当選人数が多いとその分コミュニケーションが大変になります。
前述の通りプレゼントの数や豪華さではなくブランドを自分ごと化して発信してもらうことをユーザーの投稿モチベーションにし、当選人数は10名程度にするのがよいでしょう。

 

 

以上、ハッシュタグキャンペーン設計のポイントを10個紹介いたしました。
ブランドがユーザーを巻き込む施策として有効なハッシュタグキャンペーン。
SNSを使ったプロモーション施策として、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 


SNSプロモーションを成功に導く
効果的なハッシュタグ活用をご提案します!
ぜひ一度お問い合わせ下さい。
http://www.aainc.co.jp/outline/


 

■関連記事

・ハッシュタグを活用したキャンペーンを実施する4つのメリット
【成功するSNSマーケティングのハッシュタグ活用術】
http://smmlab.jp/?p=42046

・Instagramでハッシュタグを活用する4つのメリット
【成功するSNSマーケティングのハッシュタグ活用術】
http://smmlab.jp/?p=42020

・これからはハッシュタグがSNS施策の成否を分ける?!
今知っておきたい主要SNSでのハッシュタグ活用のポイント
http://smmlab.jp/?p=41977

・スマホ時代の情報検索はハッシュタグが起点?!
若年層女性の約半数が「気になる情報」をハッシュタグで検索している!
〜女性SNSユーザーのハッシュタグ利用実態調査〜
http://smmlab.jp/?p=38032

 記事引用元
【保存版】 #ハッシュタグキャンペーン を成功に導く10のアイディア

 


日記