SNSニュース いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト

いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト

2015年には約1,970万人が来日、3兆4,700億円もの消費が行われ、2014年対比約1.5倍に成長。今までにない「プラスオン」の新しいマーケットとして、マーケターからも熱い視線を集める「インバウンド(訪日観光客)」市場。成功するためには、どんなことを行えばよいのでしょうか?

 

いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト

 

こんにちは、アライドアーキテクツの小川です。

ますます増え続ける外国からの観光客。インバウンドの恩恵に預かり売上を伸ばしている企業のニュースも様々耳にし、2016年度からは、「インバウンド」に取り組んでみよう、という方もたくさんいらっしゃると思います。

しかしながら、実際には「どこから始めたらいいのだろう?」「どんなことが必要なのか?」となかなか難しい面もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、いまから「インバウンド」に取り組む方のために、これから実施していきたい「To do事項」をリストとしてまとめました。

今回の記事では、まずは「To do事項」の頭出しのみ行いますが、今後は、一つ一つの「To do事項」について、どんな方法があるか?事例があるか?などを連載でご紹介予定です。ぜひご期待ください!

 

<いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト>

■事前準備編

まずはインバウンド市場を理解し、自社商品/サービスのターゲットを設定していきます。市場調査やサンプリング調査なども実施し、自社の強み、弱み、アピールポイントなどを洗い出します。

「訪日観光客」と一口に言っても、それぞれの出身の国などによって、「何に魅力を感じやすいか」などの傾向はかなり異なります。

「観光客みんなに来てほしい」ではなく、きちんとターゲットを設定、またそのターゲットに対する自社のポジショニングを明らかにし、戦略的に「戦術」「施策」を実行していくことが重要です。

「観光客数」「消費額」だけで見ていると、「中国」にポイントを絞ってマーケティング活動を行っていくのが良いだろう…となりがちですが、「自社商品/サービス」は、意外とそれには当てはまらないかもしれません。

 

<To do事項>

1.インバウンド市場全体感の理解
2.1.に基づき、自社の商品・サービスのターゲットの仮説を設定(対象国など)
3.2.の仮説に基づき市場調査/サンプリング調査などを行い、ターゲットが正しいか、また自社の強み、弱み、アピールポイントなどを明確にする。

 

■基礎編

ターゲットや、自社のポジショニングなどが設定できたら、具体的なインバウンド施策の実行に移していきましょう。

具体的には「受け皿を準備する」施策と、「知ってもらう」施策の2種類に大別されます。いずれかが欠けても、マーケティング戦術として「完結」しない状態になってしまいます。

以下に多くのTo do事項を挙げていますが、まずは「受け皿施策」、「知ってもらう施策」のいずれも実施/対応できているか、という点に着目しましょう。

また、もちろんこれらのTo do事項の中でも、自社の商品やサービスによって、「何から優先的に取り組んでいくべきか」は異なります。

例えば、自治体や観光施設であれば「訪日前」に具体的な訪問先として「候補」に挙げてもらうことが重要ですから、「訪日前」にWeb等で情報収集が行われる段階で「知ってもらうこと」「魅力をきちんと伝えること」などがポイントとなります。

一方、小売店であれば、訪日前の事前情報収集だけでなく、「訪日中」のその場で決められる割合も高いですから、「訪日直前」や「訪日中」のメディアへの露出や店頭施策なども重要となってきます。

 

<To do事項>

受け皿を準備する

4.Webサイトの多言語化対応
5.ソーシャルメディアアカウントの準備/運用
6.店頭でのインバウンド受け入れ態勢の強化(店員の教育/店内POPの準備・掲示など)

最近では、「インバウンド向け」商品そのものを用意している企業さんも多くいらっしゃるようです。今後のこととして、そもそもの「インバウンド向け」商材開発、ということも検討してもよいかもしれません。

 

知ってもらう

7.検索エンジン対策
8.WEB広告出稿
9.SNSキャンペーンやSNS広告の出稿
10.外国語でのプレスリリース配信
11.現地メディアへの出稿
12.インフルエンサー/KOL(Key Opinion Leader)の活用
13.現地イベント(展示会・見本市)への出展
14.各種「訪日外国人向け」紙媒体(フリーペーパーや機内誌など)や訪日観光客向けアプリ/メディアへの出稿

 

■応用編

せっかくの「インバウンド」、日本滞在中の消費だけを取り込むのではなく、帰国後もリピートして「越境」で買い続けてくれたら、その市場はさらに大きく広がります。インバウンドで手ごたえを感じ始めたら、「その後」のことも視野に入れていくべきです。

<To do事項>

15.越境EC向け体制の構築(決済/配送)
16.越境EC向けプロモーションの実施(各種WEB/SNS広告、検索対策等)
17.店頭→越境ECへの導線の準備

 

以上、今回はまずは「インバウンド施策の全体像」をまとめてお伝えしました。

今後は、上記1~17の一つ一つの「To do事項」について、具体的な方法論や事例などをご紹介していく予定です。ぜひご覧ください!

———————————————————————————————

貴社のインバウンドプロモーションを幅広くサポート!

マーケティングリサーチからSNSを活用したキャンペーン、
インフルエンサー施策まで。

ぜひお気軽にお問い合わせください!
https://goo.gl/4xwY4x

———————————————————————————————

【インバウンドプロモーションシリーズ】

・【2015年のインバウンドを3分で振り返り!】 訪日観光客に関する最新データ&インバウンド景気で注目された企業まとめ
http://smmlab.jp/?p=41777

・訪日観光客の今を知る!5つの基本情報
http://smmlab.jp/?p=41288

・訪日観光客の消費行動を知る!4つの基本トピック
http://smmlab.jp/?p=41385

・訪日観光客が急増の注目国!「タイ国内の2015年トレンドランキング トップ15」
http://smmlab.jp/?p=41463

・まもなく中国の春節(旧正月)!気になる2016年の日程と各社の対策をまとめてご紹介!
http://smmlab.jp/?p=41567

・訪日中の一人当たり消費額がアジア第三位の注目国「ベトナム」の 国内トレンドを知る!「2015年トレンドランキング トップ15」
http://smmlab.jp/?p=41606

・インバウンド最重要国の一つ!「台湾」からの訪日観光客の実態を知る最新調査データ
http://smmlab.jp/?p=41663

 記事引用元
いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト

 


日記

SNSニュース 【いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト】~事前準備編~

【いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト】~事前準備編~

新連載:いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリストの第一弾~事前準備編~。まずはインバウンド市場を理解し、自社商品/サービスのターゲットを設定していきましょう!

 

【いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト】~事前準備編~

 

こんにちは、アライドアーキテクツの小川です。

前回の記事で、いまから「インバウンド」に取り組む方のためにこれから実施していきたい「To do事項」をリスト形式でご紹介しました。今回からは、その一つ一つのTo do事項の内容、手法、事例などを具体的に解説・紹介します。

今日はまず~事前準備編~として、以下3点について具体的に見ていきましょう。

 

<To do事項>

1.インバウンド市場全体感を理解する
2.1.に基づき、自社の商品・サービスのターゲットの仮説を設定する
3.2.の仮説に基づき市場調査/サンプリング調査/テスト販売などを行い、ターゲットが正しいか、また自社の強み、弱み、アピールポイントなどを明確にする。

 

1.インバウンド市場全体感を理解する

まずはインバウンド市場の全体感を理解することが重要です。

押さえておくべきポイントは、どこの国の人が「どれくらい来ていて」「どこに行っていて」「何にいくら消費しているか」「どんな旅行スタイルが多いか?」。この4点を押さえておけば、おのずとTo do事項2の仮説が立てられるはずです。

 

どこの国の人が来ているか?

国別
こちらが2015年に訪日した観光客数を国別に表したグラフです。現時点では中国、韓国、台湾が3強となっており、続いて香港、アメリカ、タイと続きます。

 

伸び率

一方で、伸び率で見ると少し様子が変わってきます。中国に続いて、フィリピン、ベトナム、タイなど東南アジア諸国からの伸び率が高い状況になっています。

 

どこに行っているか?

中国

台湾

例えば、このように「中国」と「台湾」を比較して見ると、訪れている地域や、訪問の仕方にかなり差があることが分かります。自社の店舗/施設がある場所は、どこからの観光客が多いでしょうか?またこれから伸びてくる可能性があるのはどの国からの観光客でしょうか?自治体ごとに方針も異なりますので、改めて調べ直してみることをお奨めします。

 

何にいくら消費しているか?

 

買い物内容

 

買い物の内容も、国別に大きな差があることが分かりますね。
例えば、アメリカからの旅行者は「医薬品」や「化粧品」を手にしている人は少ないですが、「中国」や「台湾」の旅行者には非常に人気があることが分かります。

 

どんな旅行スタイルが多いか?

旅行手配方法

リピーター

 

中国の方は、まだ団体旅行で来る方が多く、また初めて日本に訪れる方も多い状況となっています。台湾も比較的団体旅行の割合が多いですが、「リピーター」の数も非常に多いです。なお、全体的には「個人旅行化」が進んでいる傾向にあります。

また、東南アジアや欧米諸国からの旅行者はほとんどが個人旅行であることにも要注目です。

 

2.自社の商品・サービスのターゲットの仮説を設定する

それでは、以上のデータを踏まえて、自社の商品やサービス、店舗などのターゲットをどう定めていったらよいでしょうか?

短期と中長期に分けて考える

まずは「短期」と「中長期」に分けてターゲットを考えてみましょう。「短期」で考えるのであれば、当然「中国、韓国、台湾」の3強の国をターゲットにすることになります。しかしながら、伸び率で考え、5年後10年後を見据えるならば、それ以外の国にも目を向けておく必要があります。もし、10年前から、「中国」からの観光客が今ここまで伸びることを予想して中国向けの施策を打っていたら…、今、中国人に「爆売れ」している状態になっていたかもしれません。

自社の商品/地域はどの国の人に人気がある?

店舗や場所の場合

今どこの国の人が多く来ているのか、また自治体は中長期を見据えてどんな戦略を取ろうとしているのか、改めて調べ直してみましょう。

モノの場合

どこの国の人に一番人気がありそうなのか?どんな点が支持されているのか?様々なオープンデータを調査して仮説を立ててみましょう。

代表的なものか、あるいはニッチなものか?

自社商品やサービスが代表的なものの場合は、初めて日本を訪れる旅行者も含め広く対象となります。一方で、ニッチなモノやコト体験は、何度も日本を訪れるリピーターが多い国に焦点を絞っていったほうが、確率が高そうです。

 

3.市場調査/サンプリング調査/テスト販売などを行い、ターゲットが正しいか、また自社の強み、弱み、アピールポイントなどを明確にする

仮説を立てたら、その市場向けにアンケート調査や商品のサンプリング、テスト販売等を行い、ターゲットの反応を確認してみましょう。他国の人は、日本人が想像しているのとは違ったポイントに魅力を感じるかもしれません。小さなPDCAを回して検証を行っていくプロセスは、国内マーケティングと同様に必要です。

 

以上、今回は、「いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリストの第一弾」の事前準備編をお届けしました。どれも当たり前のことばかりではありますが、改めて考えてみるきっかけにしていただければと思います。次回からは、より具体的な手法をご紹介していきます!

———————————————————————————————

「台湾」と「タイ」向けの商品モニター(サンプリング)サービスを始めました!
http://www.aainc.co.jp/news-release/2016/01110.html

他にも、市場調査からSNSを活用したキャンペーン、インフルエンサー施策まで、
貴社のインバウンドプロモーションを強力にサポートします。

ぜひお気軽にお問い合わせください!
https://goo.gl/4xwY4x

———————————————————————————————

【インバウンドプロモーションシリーズ】

・いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト
http://smmlab.jp/?p=41847

・【2015年のインバウンドを3分で振り返り!】 訪日観光客に関する最新データ&インバウンド景気で注目された企業まとめ
http://smmlab.jp/?p=41777

・訪日観光客の今を知る!5つの基本情報
http://smmlab.jp/?p=41288

・訪日観光客の消費行動を知る!4つの基本トピック
http://smmlab.jp/?p=41385

・訪日観光客が急増の注目国!「タイ国内の2015年トレンドランキング トップ15」
http://smmlab.jp/?p=41463

・まもなく中国の春節(旧正月)!気になる2016年の日程と各社の対策をまとめてご紹介!
http://smmlab.jp/?p=41567

・訪日中の一人当たり消費額がアジア第三位の注目国「ベトナム」の 国内トレンドを知る!「2015年トレンドランキング トップ15」
http://smmlab.jp/?p=41606

・インバウンド最重要国の一つ!「台湾」からの訪日観光客の実態を知る最新調査データ
http://smmlab.jp/?p=41663

 記事引用元
【いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト】~事前準備編~

 


日記

SNSニュース タイからの「訪日ブーム(インバウンド)」を牽引  タイと日本の架け橋となるタイの国民的スーパースター  ジェームス・ジラユ氏インタビュー

タイからの「訪日ブーム(インバウンド)」を牽引  タイと日本の架け橋となるタイの国民的スーパースター  ジェームス・ジラユ氏インタビュー

2015年には約80万人が来日、これからもさらに多くの観光客が日本に訪れると期待される国「タイ」。今回はそんな「タイ」と「日本」の架け橋として、昨年秋から日本での活動を本格始動させたタイの国民的スーパースター ジェームス・ジラユ氏に、「日本の魅力」について聞きました!

 

ジェームス・ジラユ氏(1993年9月19日生まれ/23歳)。タイ王国出身の俳優、歌手、モデル。「タイの福山雅治」とも称されるタイの国民的スーパースター。2015年秋より日本での活動を開始。2016年4月からタイの主演ドラマがBS-TBSにて放送開始。今春に「ユニバーサルミュージックよりCDデビューも決定している。

ジェームス・ジラユ氏(1993年9月19日生まれ/22歳)。タイ王国出身の俳優、歌手、モデル。「タイの福山雅治」とも称されるタイの国民的スーパースター。2015年秋より日本での活動を本格始動。2016年4月からタイの主演ドラマ「君だけI Love You(Rak Sood Rit(ラック・スッ・リット))」がBS-TBSにて放送開始。今春にユニバーサルミュージックよりCDデビューも決定している。

 

2015年の1年間に最も「訪日外国人受入数」の伸び率が高かった都道府県をご存知ですか?…正解は、「佐賀県」です!

意外だな、と思った方も多いのではないでしょうか。

その背景にあるとされるのが、2014年にタイで公開、ジェームス・ジラユ氏が主演を務めた映画「Timeline」。同映画の中で舞台となったことをきっかけに、多くのタイ人が佐賀県を訪れるようになり、今もロケ地となった祐徳稲荷神社には毎日数十人、多い時には300人もの人が訪れているそうです。

今回は、そんな「タイからの訪日ブーム(インバウンド)」を牽引しているまさに当本人、ジェームス・ジラユ氏に、「タイ人にとっての日本の魅力」について、直接お話を伺ってきました!

 

タイ人にとっての「日本」の魅力とは

昨年秋から日本での活動を本格始動させて約半年、日本の生活には慣れましたか?

はい、だいぶ慣れてきました。タイと日本は気候が全然違いますが、日本の方が過ごしやすいですね。やはり、タイは暑くて暑くて…(笑)。今回日本に来る前も、タイは40度近くになる日が数日続いていたんですよ。

ジラユさんが日本に来た時に必ずすることはありますか?

必ずしゃぶしゃぶとすき焼きを食べます。日本食はタイでとても人気があります。お店もたくさんあって、しゃぶしゃぶやすき焼きはタイでも食べることができるのですが、やはり値段が少し高いんですよ。なので、日本に来た時に、日本食を楽しむようにしています。

でも、実は日本に来て一番最初に食べた日本の食事は「おにぎり」なんです。おにぎりについている「ビニール」を上手く剥がすのが難しくて…、ご飯だけ食べたことを覚えています(笑)。

ジラユさんにとって、日本の魅力は何ですか?

もともと、日本に来る前から皆に聞いていたのは、「日本はとてもきれいだ」ということ。実際に日本に来てみて、本当に道にゴミが落ちていなくてきれいなことに驚きました。皆がルールを守り、マナーがあり、とても住みやすいと思います。

 

日本のどんなところが「タイ」の人に魅力に映ると思いますか?

新宿や渋谷などの買い物も人気がありますよね。私も、皆が行くようなところも歩いていますよ。電車に乗ったりもしたし、それに日本人はかわいいし、タイ人は皆日本が大好きですよ。

場所としては、「北海道」がとても人気ですね。タイは暑くて雪がないので、皆北海道には雪を見に行きます。他にも、チョコレートを食べたり、ご飯を食べたり。また、スキーにチャレンジする人もいますよ。

 

ジラユさんが、今日本で訪れてみたい場所はありますか?

今まで桜を見たことがないので、今年ぜひ見てみたいですね。

そして、今年の夏はぜひ富士山の頂上まで登ってみたいと思っています。富士山の情報は、タイで人気の「Pantip(パンティップ)」という掲示板で目にしました。どうやって富士山まで行くのか、何番のバスに乗ればいいのか、バス代はいくらするのか…など非常に詳しく書いてあって。

タイの人は、旅行に来ると、皆写真を撮ってレビューをSNSやブログ、掲示板にアップするんですよ。そういった書き込みを見ていると、すごく行きたくなるんですよね。

自分も富士山の頂上に行ったときにどんなポーズで写真を撮ろうか…今からちょっと考えておきます(笑)。

 

jirayu2

ジェームス・ジラユ氏のソーシャルメディアアカウント。Instagram:約290万フォロワー、Twitter:約65万フォロワーに達している。

 

 

日本でも「タイ式」が次なるブームに?!

昨年(2015年)、佐賀県に多くのタイ人観光客が来たことが話題になりましたが、ジラユさんはこのことについてどう感じていますか?

素直にとても嬉しく思っています。まずは、この「Timeline」という映画そのものが皆さんに愛されたこと、そして佐賀県がとても綺麗だということが背景にあると思います。今後も、タイと日本の文化の交流に深く携わっていきたいです。

 

4月からは、ジラユさんが主演されたタイの連続ドラマ「君だけI Love You(Rak Sood Rit(ラック・スッ・リット))」が、BS-TBSで放送されるそうですね。また、ユニバーサルミュージックからCDデビューも決まっているとのこと、心境をお聞かせください。

ドラマは、日本の皆さんにも共感してもらえるストーリーになっていて、とても見やすいドラマだと思います。ぜひ見てほしいです。ロマンチックな部分もあり、回を重ねるごとにドキドキ、面白くなっていきますよ。

また、CDでは「日本語」の歌も歌っています。ピッチとメロディに日本の言葉を合わせて歌うのがとても難しかったですが、ものすごく練習してレコーディングに挑みました。ぜひ聞いていただきたいです。(発売日未定)

「君だけI Love You」

「君だけI Love You」2016年4月10日より毎週日曜日 23:00~ BS-TBSで放送。 バイクを愛する不良少年イティリット(ジェームス・ジラユ)が家庭教師チャナモンに出会い、やがて恋に落ちる学園ラブコメディ。タイでの撮影現場にはジラユ氏のファンが1,000人以上集まり、撮影できないほどの社会現象に。 また、ドラマの主題歌が大人気となり、YouTubeで1,100万回再生を記録している。

 

最後に、日本のファンに一言お願いします。

まずは日本でのデビューのチャンスをいただけたことにとても感謝しています。これから、歌も演技も、全てのことにチャレンジしていきたいです。皆さん、私を日本の街中で見かけたら、ぜひ声をかけてください。一緒に写真を撮りましょう。

そして、自分がこれから日本とタイの架け橋のような存在になれたら嬉しいです。タイ人は日本のことが大好きなんです。

また、もし日本の皆さんもタイに来てくれたら、きっとタイのことが好きになると思いますよ。自然も、食事も、海も、何でもあります。ぜひ皆さんの好みを教えてください。ただ一つ、雪だけはないんですけどね(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

<インタビュー後記>
タイの国民的スーパースターでありながら、とても気さくなジラユ氏。日本へのありのままの気持ちを、タイの若者を代表して、様々に語ってくださいました。来年2017年はタイと日本の国交130周年記念、これからさらに多くのタイ人が日本に訪れると予測されます。また、ジラユ氏をきっかけとして、タイの音楽・ドラマなどのエンターテインメントを日本で目にする機会も増えてくるでしょう。ますます近くなる「タイ」と「日本」の距離。「韓流」の次なるブームとして、「タイ式」が来る日も近いのではないでしょうか。

 

ジェームス・ジラユ氏

公式サイト
http://jamesjirayu.com/

タイ現地で、トヨタ、ユニクロ、明治ブルガリアヨーグルトなどの日系企業のCMに抜擢。日本の活動を2015年より本格始動。写真集発売、二度の「東京ガールズコレクション」出演の他、東北6県をめぐる旅番組への出演、「ヨウジヤマモト」2016-17年秋冬パリ・メンズ・コレクション出演など。今春にはユニバーサルミュージックよりCDデビューが決定。

 

インタビュアー:小川 裕子
(アライドアーキテクツ株式会社 インバウンド・グローバル担当)

 

<関連記事>

■訪日観光客が急増の注目国!「タイ国内の2015年トレンドランキング トップ15」
http://smmlab.jp/?p=41463

———————————————————————————————

「タイ」向けのインバウンド施策なら!

市場調査・現地サンプリングからSNSを活用したキャンペーン、
インフルエンサー施策まで、貴社のインバウンドプロモーションを強力にサポートします。

ぜひお気軽にお問い合わせください!
https://goo.gl/4xwY4x

———————————————————————————————

【インバウンドプロモーションシリーズ】

・いまから始める!インバウンド(訪日観光客)施策 To doリスト
http://smmlab.jp/?p=41847

・【2015年のインバウンドを3分で振り返り!】 訪日観光客に関する最新データ&インバウンド景気で注目された企業まとめ
http://smmlab.jp/?p=41777

・訪日観光客の今を知る!5つの基本情報
http://smmlab.jp/?p=41288

・訪日観光客の消費行動を知る!4つの基本トピック
http://smmlab.jp/?p=41385

・まもなく中国の春節(旧正月)!気になる2016年の日程と各社の対策をまとめてご紹介!
http://smmlab.jp/?p=41567

・訪日中の一人当たり消費額がアジア第三位の注目国「ベトナム」の 国内トレンドを知る!「2015年トレンドランキング トップ15」
http://smmlab.jp/?p=41606

・インバウンド最重要国の一つ!「台湾」からの訪日観光客の実態を知る最新調査データ
http://smmlab.jp/?p=41663

 記事引用元
タイからの「訪日ブーム(インバウンド)」を牽引  タイと日本の架け橋となるタイの国民的スーパースター  ジェームス・ジラユ氏インタビュー

 


日記