SNSニュース 【インバウンド需要を狙うマーケター必見】訪日観光客の今を知る!5つの基本情報

【インバウンド需要を狙うマーケター必見】訪日観光客の今を知る!5つの基本情報

訪日観光客の急増によって、インバウンド市場が大きく盛り上がり始めています。旅費以外でのインバウンド需要も増えており、企業マーケターにとってもインバウンド施策は「待ったなし!」のタイミング到来。まずは現状データから「インバウンドの今」を知ることから始めましょう!

 

【インバウンド需要を狙うマーケター必見】訪日観光客の今を知る!5つの基本情報

 

こんにちは、アライドアーキテクツの小川です。

連日各種メディアを賑わし、今、最も注目の集まる分野の一つ「インバウンド(訪日観光客)施策」。

街中では観光客の姿をよく目にするようになり、店頭で現地語の案内を表示したり、観光客向けの窓口を置いたり、訪日観光客向けの対策をするお店や企業も増えてきました。

これから「恐らくインバウンド需要が益々伸びてくるだろう…」と思いながらも、まだいまいち現状を把握できていない、そんな企業の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、まずは「インバウンド(訪日観光客)」の今を知るための基本情報を、5つの質問形式にまとめてお伝えします。

なお、今後、SMMLabでは、各社インバウンド先進企業の取り組みや、参考になるインバウンドプロモーション事例まとめなど、【インバウンド(訪日観光客)プロモーション】に役立つ情報を定期的に発信していく予定です。ぜひご期待ください!

 

1.どれくらいの人数が来ているの?

 

日本政府観光局(JNTO)の統計データによりますと、2015年1-9月の訪日外客数は既に1,448万人に上っており、2014年1年間の訪日外客数1,340万人を既に上回っています。

日本政府は2020年までに「訪日外客数年間2,000万人」の目標を掲げていますが、すでに今年中にも達成しそうな勢いであり、今後、この政府目標を「3千万人超に引き上げると見られる」と報道されています。

なお、現在の日本の外国人観光客数は、これでも世界で22位、アジアで7位にとどまっており、政府は「日本の潜在的魅力と経済規模を考えれば、欧州並みの水準は可能だ」としています。(参考:世界最大の観光客受入国はフランスで、年間8,370万人。アジアではトルコが最大で年間3,981万人です。)

<参照>
日本政府観光局(JNTO)統計データ
http://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_trends/

政府が外国人観光客3千万人超に向け初会合
http://www.sankei.com/politics/news/151109/plt1511090014-n1.html

世界各国、地域への外国人訪問者数ランキング(JNTO)
https://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_statistics.html

全体
1位:フランス(8,370万人)
2位:米国(7,475万人)
3位:スペイン(6,499万人)

アジア
1位:トルコ(3,981万人)
2位:香港(2,777万人)
3位:マレーシア(2,743万人)

 

2.どこから来ているの?

 

2015年1-9月の訪日外客数1,448万人の国別内訳は以下の通りとなっています。

1位:中国(383万人)
2位:韓国(285万人)
3位:台湾(277万人)
4位:香港(110万人)
5位:米国(75万人)
6位:タイ(54万人)
7位:豪州(26万人)
8位:英国(19万人)
9位:マレーシア(18万人)
10位:フィリピン(18万人)

なお、昨年同期間伸び率で見ると、中国からの観光客が114.6%増と断トツの数値となっています。

<参照>
日本政府観光局(JNTO)統計データ
http://www.jnto.go.jp/jpn/reference/tourism_data/visitor_trends/

 

3.訪日観光客の訪問先は?

 

観光庁 訪日外国人消費動向調査(平成27年7月~9月期)概況グラフ出典:観光庁 訪日外国人消費動向調査【トピック分析】平成26年訪日外国人観光客の地方訪問状況 表2
http://www.mlit.go.jp/common/001107179.pdf

 ※クリックすると拡大できます

 

2大都市圏(首都圏:東京/神奈川/千葉/埼玉 及び 近畿圏:大阪/京都/奈良)のみ訪問した観光客は44%なのに対し、2大都市圏含めて地方も訪問した割合は56%に上っており、今後の地方活性化のキーワードとして期待が寄せられます。なお、全体の28%は「地方のみ」訪問しており、北海道や沖縄などの訪問率が高い状況です。

出身の国によっても、
台湾旅行客:北海道への訪問率が高い
豪州旅行客:北海道と長野に集中
など、特色が分かれているのも興味深い点です。

<参照>
観光庁 訪日外国人消費動向調査(平成27年7月~9月期)
http://www.mlit.go.jp/common/001107179.pdf

 

4.どれくらいの金額を何に消費している?

 

2015年7-9月期の訪日外国人全体の旅行消費額は1兆円を超え、前年同期(5,505億円)に比べ、81.8%増加しました。なお、今年1年間で、最終的に3兆円に到達するだろうと言われています。

 

観光庁「訪日外国人消費動向調査 平成27年7-9月期の調査結果(速報)」図表4

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査 平成27年7-9月期の調査結果(速報)」図表4
http://www.mlit.go.jp/common/001106997.pdf

 

国別・地域別に見ると、以下の内訳となっており、上位5カ国で全体の80.9%を占めている状況です。

1位:中国 4,660億円(構成比46.6%)
2位:台湾 1,389億円(同13.9%)
3位:香港  800億円(同8.0%)
4位:韓国  799億円(同8.0%)
5位:米国452億円(同4.5%)

中国が最も大きく、全体の半数近くを占めています。

なお、訪日外国人一人当たりの旅行支出は181,334円(観光・レジャー目的のみの訪日観光客の場合)。

この内訳は宿泊費44,954円、飲食費30,320円、交通費21,335円、娯楽サービス費6,438円、買い物代78,224円、その他59円となっており、前年同期比で見ると、買い物代(前年比50.8%増)、娯楽サービス費(同54.7%増)、交通費(同30.5%増)の伸びが顕著です。

この中でも、国によって、「何に消費しているか」の割合がかなり異なっており、中国・台湾からの観光客が「買い物」に費やす金額がかなり高い点に要注目です。

百貨店は、このインバウンド需要の伸びに牽引されて純利益が伸びており、「三越伊勢丹の4~9月は純利益が前年同期比78%増」と発表されています。

<参照>
観光庁 訪日外国人消費動向調査(平成27年7月~9月期) P4【参考2】
http://www.mlit.go.jp/common/001106997.pdf

三越伊勢丹の4~9月、純利益78%増 訪日外国人がけん引
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLZO9379242009112015DTD000

5.訪日前・訪日中の情報収集手段は?

 

様々な媒体から情報を収集していますが、訪日前は、旅行ガイドブック、友人・知人からのクチコミ/ブログ/SNS、日本政府観光局などの情報サイト、訪日中は、旅行ガイドブックに加え、無料情報誌や観光案内所、無料パンフレット・小冊子等が上位にきています。

なお、こちらのレポートでは、実際の「訪日経験」についても出身国別に詳しく調査されています。

<参照>

日本政策投資銀行 アジア8地域・訪日外国人旅行者の意向調査(平成27年度版)
http://www.dbj.jp/pdf/investigate/etc/pdf/book1510_01.pdf

 

訪日観光客はこれから益々増える見込みであり、地方も含めた経済活性化に期待がかかっています。

訪日観光客の買い物意欲を捉え、クチコミで評判が広がっていくことで、実際にかなりの実績を上げる事例も増えてきています。

まさに訪日観光客(インバウンド)への対策は「待ったなし」の状況。
日本国内だけでなく世界の消費者に向けて自社の商品をアピールしていくチャンスが到来しています。

この波にうまく乗るために、今から準備を始める必要があるのではないでしょうか?

 

———————————————————————————————

台湾・タイ・ベトナムからの観光客へのインバウンド施策に!
マーケティングリサーチからプロモーション実施までワンストップで支援します。

『モニプラGlobal』 詳しくはこちら⇒ https://goo.gl/LkQVlr

———————————————————————————————

 記事引用元
【インバウンド需要を狙うマーケター必見】訪日観光客の今を知る!5つの基本情報

 


日記

SNSニュース メグミルク、アルビオン、「静岡県×ボケて」など参考事例8選!要注目のソーシャルメディアキャンペーンまとめ[2015年11月第2回]

メグミルク、アルビオン、「静岡県×ボケて」など参考事例8選!要注目のソーシャルメディアキャンペーンまとめ[2015年11月第2回]

要注目のソーシャルメディアキャンペーンをまとめてご紹介!

 

動画、画像認識、3Dスキャンなど参考アイディア8選!要注目のソーシャルメディアキャンペーン事例まとめ[2015年11月第2回]

 

こんにちは、SMMLabの藤田です。

毎週お届けしている“注目のソーシャルメディアキャンペーン事例”。

要注目のキャンペーンから、企画内容や「話題」となったポイント、マーケティングプランにソーシャルメディアをどう取り入れていくかなどを、ぜひご参考ください!

 

———— 業界INDEX —————

————————————————

 

 

 

メグミルク:「いい夫婦の日は大事な人とふたりであ~ん」フォトコンテスト

URL:http://1122.cream-sweets.com/

メグミルク:「いい夫婦の日は大事な人とふたりであ~ん」フォトコンテスト

 

企業名:雪印メグミルク株式会社
利用メディア(ツール):Twitter、Instagram
実施期間:2015年10月~

雪印メグミルクは、シリーズの前身である初代商品の発売日である11月22日を「CREAM SWEETSの日」として(社)日本記念日協会に申請し、制定されました。11月22日は「いい夫婦の日」でもあるため、大切な人と年に一度、CREAM SWEETSを“あ~ん”する日として、フォトコンテストを実施しています。

家族/夫婦/親子/友達どうしなどで、対象の「CREAM SWEETS」を「あ〜ん」している写真を撮影。指定のハッシュタグをつけて、公式アカウントをフォローした上でInstagramかTwitterに投稿すると応募完了です。

 

 

 

アルビオン:みんなで決めよう!アルビオン総選挙〜2015 秋冬〜

URL:http://www.albion.co.jp/fan_voice/sousenkyo.html

アルビオン:みんなで決めよう!アルビオン総選挙〜2015 秋冬〜

 

企業名:株式会社アルビオン
利用メディア(ツール):Twitter、Instagram
実施期間:2015年11月〜

テーマにそったコメント付きの画像を、投稿ページにある「写真を投稿する」ボタンから直接投稿するか、ハッシュタグ「#アルビオン総選挙」をつけて、Twitter・Instagramに投稿。

キャンペーン詳細のページでは既に投稿された画像が一覧表示されており、投稿すべき画像のイメージが伝わりやすくなっています。また、スキンケアアイテムのニーズが大きく変化する春夏と秋冬を分けて実施することで、季節に合ったアイテム訴求が出来ています。

 

 

 

清塚信也:話題のドラマ挿入曲“弾いてみた”Twitterキャンペーン

URL:http://columbia.jp/kiyozuka/twitter.html

清塚信也:話題のドラマ挿入曲“弾いてみた”Twitterキャンペーン

 

企業名:日本コロムビア株式会社(清塚信也)
利用メディア(ツール):Twitter
実施期間:2015年11月〜

話題のドラマ『コウノドリ』の音楽を監修するピアニストの清塚信也は、新アルバム『あなたのためのサウンドトラック』発売記念企画として、「Baby, God Bless You」“弾いてみた”Twitterキャンペーンを実施中。

ドラマの挿入曲を“弾いてみた”動画を指定のハッシュタグとともにTwitterに投稿すると、選ばれた5名に清塚信也本人からスペシャルな動画が届くという内容です。動画投稿はハードルが高いと思われますが、参加プラットフォームをTwitterに絞ることで参加方法がとてもシンプルになっています。また、投稿されたものを随時、アーティスト本人が確認していたり、課題楽曲の楽譜がダウンロード出来るサイトを記載するなど、参加を促す工夫もされています。

 

 

 

三浦大知:「Dance with 3D DAICHI」動画撮影参加キャンペーン

URL:http://3d-daichi.com/

三浦大知:「Dance with 3D DAICHI」動画撮影参加キャンペーン

 

企業名:株式会社インフォバーン(三浦大知)
利用メディア(ツール):Facebook、Twitter,YouTube、「モーションキャプチャ」&「3Dスキャン」
実施期間:2015年11月〜

FacebookかTwitterにテーマに沿った画像を投稿。抽選で選ばれた当選者は3Dスキャンによって3Dアバター化され、ミュージックビデオの中で三浦大知さんと踊る映像に参加することが出来ます。

このプロジェクトには「3Dスキャン」や「モーションキャプチャ」といった最新技術が使われており、スペシャルサイトに公開されているメイキング動画が、スペシャルな体験への期待を盛り上げています。

 

 

 

リトル・ミックス:オリジナル・フォト・フレームで撮影した画像投稿キャンペーン

URL:http://www.sonymusic.co.jp/artist/littlemix/info/461251

リトル・ミックス:オリジナル・フォト・フレームで撮影した画像投稿キャンペーン

 

企業名:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(リトル・ミックス)
利用メディア(ツール):Twitter、Instagram、画像認識アプリ「Blippar」
参考:Blippar https://blippar.com/en/
実施期間:2015年11月〜

日本での国内盤CD発売を記念し、無料の画像認識アプリ「Blippar」を使ったオンライン・キャンペーンがスタート。
まずはBlipparを起動して国内盤のジャケット写真の上にスマホをかざすと、Blippar限定の“リトル・ミックス オリジナル・フォト・フレーム”で写真撮影が出来ます。更に撮影した写真をSNSに投稿すると超豪華サイン入りグッズが当たるという、ファンにとっては嬉しい企画となっています。
「マストバイ」施策ではあるものの、画像認識による娯楽性と限定感を上手く参加意欲につなげています。

 

 

 

コメ兵:バーチャル買い物体験「100万円でオトナガイ 2015」キャンペーン

URL:http://komehyo-otonagai.com/

コメ兵:バーチャル買い物体験「100万円でオトナガイ 2015」キャンペーン

 

企業名:株式会社コメ兵
利用メディア(ツール):Facebook、Twitter、スペシャルサイト
実施期間:2015年11月〜

「架空のオンラインストア」に掲載されている商品から100万円分の商品を自由に選んで応募するキャンペーンです。サイト上にはKOMEHYO販売価格と参考上代(メーカー小売希望価格)が表示されており、参考上代との差額が見えることによって、参加者はリユース(KOMEHYO)を利用するとどれだけお得に商品を購入できるかが分かるバーチャルお買い物体験が出来ます。

応募者全員に店舗とオンラインストアで利用可能なクーポンをプレゼントすることで、購買意欲を刺激しオンライン・実店舗に送客する設計となっています。

2013年、2014年に続き、開催3年目となる今年も、既に開始1週間で約63億円分のオトナガイが行われています。「もしも100万円分自由に買い物が出来たら?」という想像が現実になるかもしれない、ワクワクする非日常的な体験が出来ることが、この企画の人気の秘密でしょう。

 

 

 

静岡県:都道府県初コラボ!静岡県の魅力で「ボケて」キャンペーン

URL:URL:http://bokete.jp/user/Shizuokapref

静岡県:都道府県初コラボ!静岡県の魅力で「ボケて」キャンペーン

 

企業名:静岡県企画広報部広報課
利用メディア(ツール):コンテンツプラットフォーム「写真で一言ボケて(bokete)」
実施期間:2015年11月〜

「静岡県でボケて!」は、静岡県が、県内の様々な魅力を全国に効果的に発信するため新たに公開するウェブサイト「ふじのくに魅力発信サイト 痛快!静岡県」(http://tsukai-shizuoka.jp)の一環で、サイト上でのボケ作品募集に加えて、コンテンツプラットフォーム「写真で一言ボケて(bokete)」上でも、静岡県の魅力が写った写真がお題として投稿され、ボケ作品を募集しています。

若年層に人気のスマホアプリとのコラボで、これまでリーチ出来無かった層にも訴求することが出来る取り組みになっています。

 

 

 

【番外編】沖縄発!外国人制作スタッフによる 台本一切なしのリアリティ・ムービー「OKINAWA: The Secret is Out」 公開!

URL:スペシャルサイト:http://beokinawa-pr.jp/secret/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCkzCSbrwrGM6tpFPGwiRweg

※YouTube画面右下の「設定」から字幕を「日本語」に選択すると、日本語字幕での視聴が可能です。

 

外国人観光客数を2021年までに200万人まで拡大することを目指す沖縄県は、沖縄グローバル観光ブランド「Be.Okinawa」キャンペーンの第二弾として、ドキュメンタリー動画シリーズ「OKINAWA: The Secret is Out」を公開しました。

外国人旅行者の視点にたって沖縄の魅力を伝えるため、キャスト(旅行者)は全員外国人、撮影・編集はロサンゼルスに拠点を置くグローバルプロダクションを起用。出演する旅行者は、フランス、ドイツ、アメリカ、シンガポール、タイ、中国の6カ国から「大切な人に秘密を持つ人」を6組募集して招待しました。

沖縄の美しい風景や大自然、島民との交流を通じて、自然と本音を打ち明けるようになる外国人旅行者の様子を体験ドキュメンタリーとして撮影、「自然と自分らしくなれる島=沖縄マジック」を伝えています。

2014年の「OKINAWA: A Journey of Discovery」は、シリーズ動画総再生数約190万回以上、沖縄への海外旅客数前年比164%のマーケティング成果を達成し、グローバル観光PRビデオの成功事例として話題になりましたが、外国人視点でのコンテンツ制作という点では、企業のインバウンド施策にも参考になるのではないでしょうか?

 

■ガイドラインに準拠したFacebookキャンペーンが簡単に開催出来る!
実績豊富なFacebookキャンペーンアプリなら「モニプラ for Facebook」
https://www.aainc.co.jp/service/monipla

 

「Instagram広告連携キャンペーンパッケージ」リリース

 

■関連記事

リツイート、動画視聴、ジェネレーターなど参考アイディア8選!
話題のソーシャルメディアキャンペーン事例まとめ[2015年11月第1回]

フォトコン、O2O、マストバイなどの参考アイディア7選!
話題のソーシャルメディアキャンペーン事例まとめ[2015年10月第3回]

盛り上げヒント満載![2015年10月インスタグラム特集]
話題のソーシャルメディアキャンペーンInstagram活用事例まとめ

Facebookキャンペーン開催のポイント!
成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識

【Facebook広告以外にこれだけはやっておきたい!】
Facebookキャンペーンの参加者を増やす7つの方法

【Facebookプロモーションガイドライン改訂まとめ】
Facebookキャンペーンを激変させる5つの変更点

 

■Facebookで開催中の注目キャンペーン

 記事引用元
メグミルク、アルビオン、「静岡県×ボケて」など参考事例8選!要注目のソーシャルメディアキャンペーンまとめ[2015年11月第2回]

 


日記

SNSニュース 一括編集に便利!パワーエディタを使ってFacebook広告をExcelで一括インポートしよう【Rex(レッキス)】

一括編集に便利!パワーエディタを使ってFacebook広告をExcelで一括インポートしよう【Rex(レッキス)】

Facebook広告の運用を効率化出来る!パワーエディタの一歩進んだ使い方として、Excelで一括編集する方法を詳しく解説します。

 

一括編集に便利!パワーエディタを使ってFacebook広告をExcelで一括インポートしよう【Rex(レッキス)】

 

 

運用するFacebook広告の量が増えると、ちょっとした編集も大変ですよね。パワーエディタを使っていれば、管理画面よりはかなり負担が軽減されますが、画面上だけではもどかしい瞬間も出てくるでしょう。そこで今回は、Excelで一括エクスポート、インポートして一括編集する方法について解説していきます。

 

*本記事は「Rex(レッキス)-ソーシャルメディアマーケティング情報サイト-」からの転載です。

 

 

 

作業前に言語設定を英語にしよう

まず個人アカウントの言語設定を英語にしておくことをおすすめします。なぜなら、日本語で使うとエラーが起きやすいからです。

もちろん広告名やクリエイティブ部分は日本語で問題ないのですが、広告の目的など入力項目に選択肢が用意されている個所などがエラーになったりするのです。

時期によってエラーの出方が変わってきていると個人的には感じているので、もしかしたら時間が経過すれば色々整備されて問題なく使えるようになるのかもしれません。そこは今後に期待しましょう。

現在のところはエラーの原因を毎回確認して修正して……という作業がけっこう時間使うので、私は最初から英語に切り替えて作業するようにしています。

 

言語設定

 

 

▲言語設定は個人アカウントの「設定」>「言語」から変更できます。

 

 

1.エクスポート方法

では、さっそくエクスポートしていきましょう。パワーエディタの「Export & Import」ボタンを押します。

 

Facebook広告パワーエディタ エクスポート

 

 

すべての広告をインポートする場合は「Export All」、一部のみエクスポートする場合は任意の広告を画面上で選択したうえで「Export Selected」を押すだけです。

 

Facebook広告パワーエディタ エクスポート 作業

 

 

なおこの際、一緒にテンプレートもダウンロードしておきましょう。「Download Template」(キャプチャ青枠部分)から取得できます。こちらは、Excelの各項目の説明、入力必須/任意、文字数制限、選択肢が記載されているので、編集の際に便利です。

 

Facebook広告パワーエディタ テンプレート

 

 

▲テンプレートの中身。コメント欄に詳細が記載されています。

 

 

2.編集方法

あとは、クリエイティブやURLなど修正したい個所を編集していきましょう。なお、予め選択肢のある入力項目を変える場合は「1.エクスポート方法」でダウンロードしたテンプレートを確認しましょう。項目にない内容を入れるとエラーになります。

ほか、作業時にしっておくべきことをいくつか紹介します。

 

■新規追加時

新しいもの(キャンペーン、広告セット、広告)を作成する際は新しく作成するキャンペーン、広告セット、広告のID部分は空欄にします。

 

■編集時

時間帯や予算、広告のON/OFFなど、キャンペーンや広告セット単位のグループで統一されていなければいけない項目は統一するように注意しましょう。

 

■画像について

すでにアップロードされているオリジナル画像については、「Image Hash」に画像ハッシュを入力しましょう。

Facebook広告パワーエディタ エクセル

 

 

Facebook広告と提携しているShutterstockの画像については、「Video Thumbnail URL」に「shutterstock://」の後に画像番号をつけて入力します。画像番号はShutterstockで確認できます。

新規でオリジナル画像を追加する場合については「Image」にファイル名を入れて、Excelインポート時に画像も一緒にアップロードします。このとき、ファイル名は「.jpg」などの形式名まで入れなければなりません。

 

 

3.インポート方法

「Export & Import」の「Import Ads in Bulk」を押します。

Facebook広告パワーエディタ インポート

 

 

Excelを選択し、また画像もインポートするのであれば一緒にアップロードしましょう。「Import」を押して完了です。

FB広告 パワーエディタ インポート確認画面

 

 

 

エラーについて

インポートまで終わったからといって、そこで安心してはいけません。一度インポートした広告はパワーエディタの画面で確認することをおすすめします。また、変更をアップロードした際に、エラーが一気に帰ってくることがあります。そのときはきちんとエラーの詳細を読み、対応していくようにしましょう。

それでも解決しなければ公式ガイドの『広告をパワーエディタに一括インポートする』の「一括インポートのトラブルシューティング」の項目を確認し、それでも解決しなければ問合せをするというのも一つの方法でしょう。

最初は逆に時間がかかるかもしれませんが、慣れると効率化できるので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

 


<ライター紹介>

柴 佳織 (Kaori Shiba)

企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。また、Facebookマーケティングのライターや講師も務めている。

 

 

Rex(レッキス)-ソーシャルメディアマーケティング情報サイト- Rex(レッキス)-ソーシャルメディアマーケティング情報サイト-

Rex(レッキス)は、中小企業のウェブマーケティング担当者がすぐに実践できそうなコンテンツマーケティングやソーシャルメディアのヒントを紹介する情報サイトです。

 

・Rex(レッキス)-ソーシャルメディアマーケティング情報サイト-
http://socialmedia-rex.com/

・Rex(レッキス)ソーシャルメディア関連ニュース&ノウハウ(FBページ)
https://www.facebook.com/socialmediarex


Instagram広告の出稿に必須ツール!
Facebook広告効果を向上するために!
高度な出稿方法や精緻なターゲティング機能が使える!
Facebook広告公式管理ツール「Power Editor」
基本マニュアルの無料ダウンロードはこちら↓
https://go.pardot.com/l/124222/2015-11-17/2xnf6l


 

「Instagram広告連携キャンペーンパッケージ」リリース↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

http://www.aainc.co.jp/news-release/2015/00984.html

 

 

 

■関連記事

・ついにInstagram広告が日本企業に全面解禁!
知っておきたい広告タイプまとめ
http://smmlab.jp/?p=41033

・売上増に効果あり!3種類のFacebook広告の特徴と成功事例
http://smmlab.jp/?p=38548

・使いこなせばFacebook広告の効果が更にアップ!
知っておきたい3つのターゲティング機能
http://smmlab.jp/?p=38404

・自社の優良顧客やサイト訪問者に「似た人」へアプローチできる!Facebook広告の類似オーディエンス
http://smmlab.jp/?p=40933

 記事引用元
一括編集に便利!パワーエディタを使ってFacebook広告をExcelで一括インポートしよう【Rex(レッキス)】

 


日記